五頭ストーリー

Gozu Story

温泉入浴講座その7 手湯

今回は足湯と同じ部分浴の一種、手湯をご紹介いたします。

手浴は手と前腕をたらいや洗面器などの容器につけて行う方法が一般的です。
42℃のお湯に5分ほどつけるのが一般的ですが、症状によっては分割浴で回数を増やすことができます。
手浴だけで血行障害がよくなり、筋肉疲労や冷え性が改善される事があります。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】BS blog Ranking


白鳥バス
長生館オンラインショップ
ピンクリボン応援認定旅館
新潟駅までの無料送迎のご案内
公式HP予約特典