メイン画像

新潟大学名誉教授 島津光夫博士と村杉温泉

メイン画像 ■村杉温泉の謎を解く
村杉温泉は全国でも数が少なく貴重な放射能泉ですが、どのように地下水から温泉へと変化を遂げるのかはよくわかっておりませんでした。
村杉温泉が含む成分の由来や、地下でどのような湯脈になっているのかを調べる為に、温泉や五頭山一帯の地質に詳しい新潟大学名誉教授・理学博士の島津光夫先生とご一緒に村杉温泉一帯の地質を調査し、考察致しました。 また、2011年の福島原発事故により多数のお問合わせを頂いた放射能泉の安全性についても、島津博士にお話を伺う事が出来ました。
専門家による学術的な観点からのお話はとても興味深い内容ですので、是非ご一読下さいませ。

■島津光夫博士プロフィール
岩手県一関市に生まれる。東北大学理学部岩石鉱物床学科卒業。東北大学理学部助手、工業技術院地質調査所技官をへて新潟大学理学部助教授。新潟大学理学部教授。新潟大学理学部部長。県立新潟女子短期大学学長。退職。新潟大学名誉教授。新潟県立女子短大名誉教授。
・著書・
新潟温泉風土記/野島出版、岩手の温泉を探る/一関プリント社、牧之と歩く秋山郷/野島出版、 秋山郷の地学案内/野島出版、離島佐渡/野島出版、離島佐渡第二版/野島出版、新潟と東北/野島出版、 新潟の石油・天然ガス10話/野島出版、日本の石の文化/新人物往来社、毛越寺庭園物がたり/一関プリント社、 グリ−ンタフの岩石学/共立出版
など著書多数

島津博士執筆 村杉温泉はどんな温泉か

島津教授 ■村杉温泉の地質調査報告
村杉温泉には何故ラドンが含まれるのか?
いくつかの説はありますが、ハッキリとした理由はわかっておりませんでした。
その謎を探る為に、2008年に島津博士と共に村杉温泉一帯の地質調査を行いました。
その結果からわかった事や、村杉温泉の地質、地学的見地からみた五頭山の歴史などを島津博士にご執筆頂き、1冊の冊子に致しました。
とても読みやすく纏められておりますので、ご興味のある方は是非お読みください。

前のページへ戻る
※別窓でPDFファイルが開きます。

島津博士による放射能泉の安全性についてのお話

島津教授 ■放射能泉は大丈夫だろうか
福島第一原子力発電所の事故以来、放射能泉についてもご心配をされて、多数のお問合わせを頂きました。
そこで、村杉温泉に詳しい島津光夫博士にご意見をうかがったところ、「福島で問題になっているセシウムやヨウ素と放射能泉のラドンはちがいますが、放射線の影響と言う点では同じです。しかし、結論的には心配ないと思います」というご回答を頂きました。
さらにし詳しい内容をお聞かせ下さいましたので、その内容を掲載致します。

前のページへ戻る