風雅の宿 長生館

五頭ストーリー

Gozu Story

温泉入浴講座その16 浮力効果

入浴している時は、水の浮力により空気中の約9分の1にしか体重を感じなくなります。浮力により、重力の影響から多少開放されるので、身体を支えている筋肉や関節の緊張が和らぎ、脳波が「α波」のリラックスした状態になりやすいようです。
また、浴槽の中で適度に身体を動かすと水の抵抗力が加わり筋力の強化になります。ゆっくりでも効果が期待できますので、筋力や運動機能が低下した方でも無理なく運動できます。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】BS blog Ranking

温泉入浴講座その15 水圧効果

湯に浸かると水圧によって全身に圧力がかかり、身体の中の血管も圧迫されます。その圧力は胴まわりを3〜6†、ふくらはぎを1†も締めるほどです。
圧迫される事により血液が流れるスピードが上がり、心臓を行き来する血流が増えます。それにより血液中の酸素をはじめとする栄養成分が、身体の隅々まで行き届くようになります。
特に脚は全身の血液の約3分の1もの血液が集まりますが、陸上では重力の制約を受け心臓まで血液が上がりにくくなっています。
入浴すると下肢の血流が良くなり、血液やリンパ液の循環も活発になっていくのです。

水圧効果は浴槽の深さで違ってきます。
深くなるほど水圧効果は高くなりますが、それだけ体にかかる負担が大きくなるともいえます。
全身浴ではこの水圧効果により心臓の負担が大きいです。
深い浴槽ではあまり長湯をしないように心掛けてください。

温泉入浴講座その14 温熱効果

温泉には様々な効能がありますが、実はその効能は温泉に含まれている成分だけの力ではありません。
他の幾つかの効果が重なりあい影響しあって発揮されるものなのです。
では温泉成分以外にはどんな効果があるのでしょうか?
今回は温熱効果を見ていきたいと思います。

温熱効果とは温泉の温度が心身に与える効果の事です。
熱い湯(42℃以上)は緊張・興奮を司る「交換神経」を刺激し、頭がシャッキリとなり目が覚めた状態となりリフレッシュできます。
一方、ぬるめの湯(37℃〜40℃)の温泉は「副交感神経」が刺激され、
気持ちが静まり落ち着きリラックスできます。

また、体が温まる事により血管が広がり、血行が良くなる事によって新陳代謝が良くなり、体内の不要物質が排出される為、疲労回復の効果がります。

難しい事を考えず単純に体を温めると健康に良いと考えて良いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】BS blog Ranking

温泉入浴講座その13 不感温浴

34〜37℃のの湯に浸かることを不感温浴と言います。
入浴しても熱くも冷たくもない「不感(中立)温度帯」での入浴で、エネルギーの消費量が最も少なくなります。
不感温度帯から少しでも温度が上下すると、体温を保持するためにエネルギー消費量が大きくなる傾向があります。
体温に近いこの不感温温度の入浴では、脈拍・血圧・呼吸に殆ど影響を与えませんので、心疾患のある人でも心配なく入浴できる、体に優しい温度です。

温泉入浴講座その12 微温浴

37〜39℃の湯に浸かることを微温浴と言います。
微温浴は自律神経のうち、副交感神経の働きを促進させ精神、神経系の興奮を抑えることから、心身を休め、リラックスしたい時に効果的です。
脈拍、血圧を落とし胃液分泌を促進させる効果があるようです。


にいがた朝ごはん
ラジウム温泉ラボ
電気自動車充電スタンドご用意しております。
島津博士が語るラジウム温泉
白澤卓二教授(順天堂大学)がプロデュースするアンチエイジング講座
環境省「国民保養温泉地」に指定されました。
ピンクリボン応援認定旅館
スタッフ募集のご案内
長生館の口コミを読む
新潟駅までの無料送迎のご案内