風雅の宿 長生館

五頭ストーリー

Gozu Story

春の妖精をご存知ですか?

スプリング・エフェメラル(春の儚いもの)は、春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごす一連の草花の総称です。
「春の妖精」とも呼ばれております。

雪解けの早春に顔をだし、すぐに花を咲かせ、夏前には枯れて次の春まで姿が消えてしまいます。
姿を見せている期間がわずか2ヶ月程しかなく、まさに春の妖精ですね。

当館の庭園にも、春の妖精が顔をだしております(○´∀`○)ノ

カタクリ
カタクリ
花が咲くまでに7〜8年もかかるそうです!

キクザキイチゲ
キクザキイチゲ
青い花と白い花の2種類が咲いています♪

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ
いつまでも緑の葉が残っている気がしますが、春の妖精らしいです(;´▽`A‘‘
白い花のものと薄紫の花を付けるものの2種類が咲いています。

春の妖精は球根や栄養を蓄えて大きくさせた根などで越冬するため、毎春同じ場所に咲きます。
カタクリは庭園に1本しか生えておらず、今年も会う事が出来て本当に良かったです。

まだ時期が早いですが、4月後半には同じく春の妖精、ムラサキケマンも咲きます。
ムラサキケマン

長生館の庭園で、可愛らしい春の妖精を探してみてくださいね(○´∀`○)ノ

・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆

開湯700年へ越後村杉ラジウム温泉 奇跡の「温泉力」好評発売中!

・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆


創業150周年
ラジウム温泉ラボ
電気自動車充電スタンドご用意しております。
島津博士が語るラジウム温泉
白澤卓二教授(順天堂大学)がプロデュースするアンチエイジング講座
ピンクリボン応援認定旅館
スタッフ募集のご案内
新潟駅までの無料送迎のご案内