風雅の宿 長生館

五頭ストーリー

Gozu Story

nicopress 第79号に長生館の取り組みが紹介されました。

財団法人 にいがた産業創造機構が発行しているビジネス誌nicopressの第79号の特集『あらゆる産業分野から新たなチャレンジ!健康ビジネスの展望』にて、事例企業として長生館が紹介されました。

以下記事抜粋

事例企業に学ぶ健康分野への新事業展開

ラジウム温泉を活用したヘルスツーリズムを提案
株式会社長生館 代表取締役専務 荒木 善紀氏

明治以前から温泉宿を営む株式会社長生館は、温泉を中心に健康増進を目指す旅のプログラム、ヘルスツーリズムの企画・販売に取り組んでいる。
 村杉温泉は国内有数のラジウム含有量を誇る温泉で、大正時代には一世を風靡。しかし、時代と共に旅館業はサービス重視となり、ラジウム温泉そのものの魅力が忘れられてきた。荒木専務は「バブル崩壊後、これからの村杉温泉はどうあるべきか悩む中、やはり原点回帰しかない、温泉の効能に焦点を当てようと考えました」と振り返る。
 目指したのは首都圏をターゲットにした、温泉、地元食材、自然を組み合わせた滞在型健康管理指導プログラム付ツアーの商品化。
平成20年度には「ラジウム温泉の効能・効用を活用した健康プログラムの実践」が新潟県健康関連ビジネスモデル推進事業に採択された。

この事業は、同社が代表を務め、村杉温泉組合、新潟薬科大学、新潟バイオリサーチパーク株式会社が参加するコンソーシアムが、地元の有機栽培農家団体などの協力を得ながら取り組んでいるもの。それまでに村杉温泉組合でラジウム泉に関する勉強会を開くなど、地域全体で機運を盛り上げ、大きな協力体制が出来上がっている。
 ところが、いざ商品開発を始めるとマーケットが掴みきれない現実に直面。初年度は講演主体のプランを構成し、「旅行商品としては堅すぎる」という反省を残した。そこで2年目は「楽しく・美しく・健康に」をコンセプトに。2泊3日から日帰りまでのプランを実施。温泉入浴講座、専門家により運動プログラム、地元産食材を使った会席料理などが好評で、リピーターも出てきた。
昨年はJRの大型観光キャンペーンも追い風になり、目標人数・金額をクリアする成果を上げた。

今年6月、新潟県観光ビジネス協議会主催イベントの中で、2泊3日の健康増進ツアーを実施。同社が企画した専門家によるアンチエイジングプログラムは好評を博した。こうした反響に対し、荒木専務は「健康や美、若さに興味があるお客様はたくさんいて、マーケットは限りなく大きいと感じました。今後はビジネスとしてどのように成立させていくかが課題です。また、温泉入浴効果のエビデンスがあればアピールしやすいですが、確かな検証には時間と費用が必要です」と語る。

 今後は、全国のラジウム温泉地との連携や、簡易健康診断の導入などの取り組みを進めたいとういう同社。
「ラジウム温泉で村杉ブランドを構築し、村杉温泉全体を盛り上げたい」という言葉には、地域をけん引していこうという使命感が満ちていた。
nicopress

・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪

開湯700年へ越後村杉ラジウム温泉 奇跡の「温泉力」好評発売中!

・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪・:*:・゜’★.。・:*:・゜’☆♪

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】BS blog Ranking


創業150周年
ラジウム温泉ラボ
電気自動車充電スタンドご用意しております。
島津博士が語るラジウム温泉
白澤卓二教授(順天堂大学)がプロデュースするアンチエイジング講座
ピンクリボン応援認定旅館
スタッフ募集のご案内
新潟駅までの無料送迎のご案内