風雅の宿 長生館

五頭ストーリー

Gozu Story

アンチエイジングin新潟学校 入校式

アンチエイジングin新潟学校の1日目は入校式からスタート。

アンチエイジング講座のプロデューサー、「世界一受けたい授業」でも人気の順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座の白澤卓二教授から、今回のアンチエイジング講座の趣旨説明などが行われました。
今回のテーマは「自然・食・温泉の遊学」。五頭の自然と触れ合いながら、地場産にこだわり、カロリーや栄養バランスを考慮した食事を楽しみ、長生館のラジウム温泉で免疫機能・新陳代謝を高めて、楽しみながらアンチエイジングを体感していただくのが目的です。
アンチエイジング入校式 アンチエイジング入校式2

白澤先生は、1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局、同大大学院医学研究科修了、医学博士。東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年より現職。専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。著書に『ずっと若く生きる食べ方』『老いない、病気にならない、方法』『未来への提言レオナルドガテンテ「長寿遺伝子」を解き明かす』『百寿力』『Dr.白澤のおいしい処方箋健康スープ』など多数。「世界一受けたい授業」「カラダのキモチ」等テレビ出演多数、新聞、雑誌等にも多数掲載されている、現在注目の先生です。

続いては、講師陣の紹介。
今回は、トータルフィットネスコーディネーターで健康大使の中尾和子先生、プロスキーヤー・登山家の三浦豪太先生のお二人をスペシャルゲストとしてお招きしました。

中尾先生は、長男出産後、26歳から本格的にボディビルをはじめ、1983年「第1回ミス日本ボディビルコンテスト」で優勝。治療とフィットネスを融合させた「JSAボールエクササイズ」、和太鼓とフィットネスをコラボさせた「太鼓ビクス」、立ち居振る舞いを鍛える身体技法「コア・ストレッチ&ダンス」を開発。これらプログラムのレッスンや指導者養成を行う他、指導者の技術向上を目指しセミナーを展開し、平成19年厚生労働大臣より「健康大使」に任命され、政府のさまざまな活動にも取り組んでいらっしゃいます。
今回のアンチエイジング講座では、1日目に「10才若返るボールエクササイズ〜あなたの姿勢と立ち居振る舞いが変わる!〜」と題して、実際に体を動かして、姿勢を正し、アンチエイジングに役立てるアクティビティを行います。

三浦先生は、プロスキーヤーの三浦雄一郎氏を父に持ち100歳になっても世界でスキーを滑っているという三浦敬三氏が祖父。父に連れられ、アフリカ、キリマンジャロを最年少(11歳)登頂の他、数々の遠征に同行。一方で、自らの進む道においても才能を発揮し、フリースタイルスキー、モーグル競技では、長野オリンピック13位(現在日本人男子最高位)、ワールドカップ5位などの成績を残し、日本モーグル界のリーダー的存在としても活躍。2003年、父・三浦雄一郎とともに世界最高峰エベレスト山に登頂し、初の日本人親子同時登頂記録を達成した方です。
今回のアンチエイジング講座では、2日目の朝に「『素足で地域を知ろう』〜魚とり、川遊び体験〜」と題して、五頭山麓の自然に触れながら、楽しく体を動かすアクティビティを行います。
入校式 三浦氏

最後に、今回の会場となる長生館の専務・荒木より参加者の皆様へご挨拶。このアンチエイジング講座を通して、アンチエイジングに対する理解と、実際の行動によってアンチエイジング効果を実感していただけるように、万全の体制で臨みます。
入校式 専務

一通りのプログラムの説明が終わった後は、参加者一人ずつの自己紹介タイム。皆さん、今回の講座を通して、アンチエイジングへの理解を深めていって、実際に体感していただきたいですね!

この後、希望者を募り、免疫機能を調べるための採血が行われました。また、講座の期間中は歩数計のような形状をした「ライフコーダー」を使用して、体の変化を記録します。最終日に改めて採血をして、どのくらいのアンチエイジング効果・若返り効果があったかを、データとして収集します。
アンチエイジング ヘルスチェッカー アンチエイジング 採血


にいがた朝ごはん
ラジウム温泉ラボ
T POINT 貯まる 使える!
電気自動車充電スタンドご用意しております。
島津博士が語るラジウム温泉
白澤卓二教授(順天堂大学)がプロデュースするアンチエイジング講座
環境省「国民保養温泉地」に指定されました。
ピンクリボン応援認定旅館
スタッフ募集のご案内
長生館の口コミを読む
新潟駅までの無料送迎のご案内