風雅の宿 長生館

五頭ストーリー

Gozu Story

温泉入浴講座その7 手湯

今回は足湯と同じ部分浴の一種、手湯をご紹介いたします。

手浴は手と前腕をたらいや洗面器などの容器につけて行う方法が一般的です。
42℃のお湯に5分ほどつけるのが一般的ですが、症状によっては分割浴で回数を増やすことができます。
手浴だけで血行障害がよくなり、筋肉疲労や冷え性が改善される事があります。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】BS blog Ranking


創業150周年
ラジウム温泉ラボ
電気自動車充電スタンドご用意しております。
島津博士が語るラジウム温泉
白澤卓二教授(順天堂大学)がプロデュースするアンチエイジング講座
ピンクリボン応援認定旅館
スタッフ募集のご案内
新潟駅までの無料送迎のご案内