風雅の宿 長生館

五頭ストーリー

Gozu Story

2006.09.23【新潟日報】〜湯の町 五頭で生きる〜

■地域住民の営み 発信

2006.09.23【日報】

●本文

 五頭には登山客の姿が絶えない。人々は、山から下りてきて自然に囲まれた温泉に浸かり、疲れを癒す。五頭の人は、この大自然とともに日々の生活を送っている。
 五頭山系と並行して走る国道290号沿いには「大売出し」と書いたのぼり旗があちこちに掲げられている。農産物の産地直売所だ。週末ともなるとどこも買い物客でにぎわう。
 九月のある日曜日の朝七時。村杉温泉街に近い国道沿いにある交流センター「五頭山麓うららの森」の「ゆうきふれあい即売所」には、ざっと百品目、四千点近い野菜や華が並んでいる。この時期は、ダイコン、ニンジン、サツマイモ・・・秋の野菜がお目見えしていた。
 地元笹神地区の農家四十人が家で栽培したもので、漬物などの加工品以外は、野菜も花も百円均一。百人以上の客が買い物かごに次々と入れていく。デパートのバーゲンセール並みの大盛況だ。
 レジで会計をしているのも農家の女性たち。まとめ役の師橋昭五さん(76)は「何といっても鮮度と安さが評判になっている。だからこそやりがいがあるんですよ」と話す。五頭の人が丹精を込めて作る五頭の恵みは大人気なのだ。
 近くに住む嶋岡誠さん(74)。地域会議で活発に発言し、五頭の山々を草刈木機を手にして駆け回っている。地元の名士かと思いきや、五年前に新潟市から移り住んできたという。それでいて五頭の人よりも”地元人”らしく見える。
 北海道の農家兼大工の息子として生まれた。元々衣料関係の事業を起こして四十年、仕事一筋に生きてきた。
 六十五歳を過ぎて店をたたみ、八年ほど前、温泉と自然に引かれて五頭に顔を出すようになった。NPO法人「里山クリーン新潟」を設立し、植林や下草刈り、間伐などの森林保全に取り組む。重機までそろえ、林業で食べていけるのかと勘違いするほど本格的だ
 「これだけいい自然が残っているのだからこそ、地元の人がもっともっと生かしたり、主張したりして、多くの人に来てもらわないといけない」と嶋岡さん。当初は「どこの誰?」という目で見られていたが、今では地域に意見する立場になっている。
「あと二十年は頑張れる」と胸を張る。嶋岡さんが植えたブナやクヌギなどの苗とともに、その思いは着実に育っている。

***********************************

■掲載媒体名:新潟日報
■発行年月日:2006年9月23日
■タイトル :湯の町 五頭で生きる
■発行社  :新潟日報

【メディア関係者の方々へ】
私ども、長生館では「日本有数のラジウム泉」、「医者いらずの宿」などこれまでにも
数々のメディアや雑誌等に取り上げていただき、関係各位には厚く御礼申し上げます。
私ども長生館を必要としておられるお客様に情報が届くことを切に願っております。

当館を取材したい、取り上げたいというメディア・報道関係者の方は、
「お問い合わせフォーム」(http://www.chouseikan.co.jp/other/contact.htm)
よりお問い合わせくださいませ。
(もちろんお電話でも大歓迎でございます TEL:0250-66-2111)

皆様との出会いを楽しみにしております。

***********************************


創業150周年
ラジウム温泉ラボ
電気自動車充電スタンドご用意しております。
島津博士が語るラジウム温泉
白澤卓二教授(順天堂大学)がプロデュースするアンチエイジング講座
ピンクリボン応援認定旅館
スタッフ募集のご案内
新潟駅までの無料送迎のご案内