風雅の宿 長生館

五頭ストーリー

Gozu Story

2004年10月07日【デイリースポーツ】〜通風に効くラジウム 日本有数の濃さ〜

■通風に効くラジウム 日本有数の濃さ
2004.10【スポーツ新聞】

【本文】
石を投げれば痛風患者に当たる・・・なんてくらい痛風や、乳酸値高めの予備軍は30代も含めて多いらしいですな。アルコールが良くない。特にプリン体が多いビールは乳酸値を上昇させるからヤメたほうがいいなんてネ。だからプリン体99%カットの発泡酒を飲んだり持ち歩く。本当は酒=痛風じゃないみたいですが、ま、酒飲みに痛風持ちがたくさんいるのは事実でしょう。かくいうオレも・・。
出、今回は痛風に特に効能が高い、ノミスケにはありがた〜い日本有数の濃いラジウム温泉(単純放射能温泉)につかってまいりました。新潟の「村杉温泉」=阿賀野市の五頭温泉郷=って知ってました?近くには世界一の地ビールや酒蔵もあったりして・・エヘヘ〜。
699年前に発見
聞けば聞くほど、調べれば調べるほど、ラジウム温泉(別名ラドン温泉)は「酒飲みの湯」という気がしてきました。早く入りてえ〜。しかし、その前にちと、村杉温泉についてお勉強しなくちゃいけません。五頭温泉郷にはほかに出湯(でゆ)、今板(いまいた)もあるけれど、村杉は669年前に発見された知る人ぞ知る温泉。元々ラドンが濃いことで知られ、婦人病にいいから「子宝の湯」とか言われていたそうです。で、つい最近の驚きは、今夏8月に出たばかりの新潟県保険環境科学研究所の分析結果。数年前に湧出した「村杉温泉薬師乃湯3号井」を調べたところ、専門的なラドン測定値は、1キロの温泉水に10億分の744.2キュリー(204.7マッヘ)もあった、これってスンゴイ数字なんだそうですよ。数字が知られている有名温泉と比べても、桁違いに多い。「日本有数」と断言できるラドン含有量だそうです。
ちゅーわけで、行き先は村杉温泉の中でも一番でかい風雅の宿「長生館」(0250−66−2111)。3000坪の広大な庭内にあり、越後随一の1000坪の大庭園露天風呂が自慢。
さっそく浴衣に着替え風呂場へ急行。お〜っとラジウム温泉は吸引吸引!露天の前にまずは締め切った内湯へ。特に鼻呼吸が効果的ということで、スゥ〜ハァ〜スゥ〜ハァ〜。ここの湯気の中で深呼吸です。無色無臭・・お湯の中でもスゥ〜。「長生館」の湯は、循環ろ過ですが泉質は折り紙つきとか。もし、どうしても源泉にこだわりたいのなら、近所の「村杉共同露天風呂」(同300円)も完成しています。長湯は禁物なので、今度はうわさの大庭園露天風呂移動。部屋に出ると、水をたっぷり飲んでおいたから、おしっこが出ます。痛風の元になる尿酸も一緒に排出。夢のようですわ。

***********************************

■掲載媒体名:デイリースポーツ
■発行年月日:2004年10月7日
■タイトル :旅―ふれあい
■発行社  :デイリースポーツ社

【メディア関係者の方々へ】
私ども、長生館では「日本有数のラジウム泉」、「医者いらずの宿」などこれまでにも
数々のメディアや雑誌等に取り上げていただき、関係各位には厚く御礼申し上げます。
私ども長生館を必要としておられるお客様に情報が届くことを切に願っております。

当館を取材したい、取り上げたいというメディア・報道関係者の方は、
「お問い合わせフォーム」(http://www.chouseikan.co.jp/other/contact.htm)
よりお問い合わせくださいませ。
(もちろんお電話でも大歓迎でございます TEL:0250-66-2111)

皆様との出会いを楽しみにしております。

***********************************


創業150周年
ラジウム温泉ラボ
電気自動車充電スタンドご用意しております。
島津博士が語るラジウム温泉
白澤卓二教授(順天堂大学)がプロデュースするアンチエイジング講座
ピンクリボン応援認定旅館
スタッフ募集のご案内
新潟駅までの無料送迎のご案内