順天堂大学加齢医学講座 白澤卓二教授プロデュース|アンチエイジングin新潟学校

『世界一受けたい授業』への出演でお馴染み、アンチエイジングの草分け的存在であり第一人者の白澤卓二教授(順天堂大学 大学院医学研究科 加齢制御医学講座)にプロデュースして頂いたアンチエイジング健康増進プログラムを長生館にて6月30日〜7月1日にかけて開催致しました。

講師には白澤教授はもちろん、プロスキーヤーで登山家、2度のオリンピックに出場もした三浦豪太氏、トータルフィットネスコーディネーター・健康大使の中尾和子氏を迎えて楽しく健康作りのお手伝い。アンチエイジングコンサートではピアノ奏者の茂木さやか氏とフルート奏者の大塚相氏が癒しの旋律を皆様にお届け致しました。
参加者の皆様には、各種アクティビティや、講義を通して、アンチエイジングへの理解を深めるとともに、白澤教授と当館調理長が工夫を凝らして創作したお料理に舌鼓を打ち、日本有数のラジウム温泉で身体の中と外からアンチエイジングを実践していただきました!

≪概要≫
アンチエイジングin新潟学校「自然・食・温泉の遊学」
〜ずっと若々しく生きるために充実の3日間〜

【日程】2010年6月30日(水)〜7月2日(金) 2泊3日
【集合】新潟駅南口タクシー乗り場  12:30

白澤教授

三浦先生 中尾先生

1日目

12:30 新潟駅南口集合

アンチエイジングin新潟学校の集合場所は新潟駅南口。バスに乗って、一路、村杉温泉長生館まで移動しました。

13:30 長生館到着

長生館到着

約1時間の道のりで、村杉温泉長生館に到着。現地集合のお客様もいらっしゃいました。

14:00 キャンプ入校式・オリエンテーション

キャンプ入校式

アンチエイジングin新潟学校の1日目は入校式からスタート。

アンチエイジング講座のプロデューサー、「世界一受けたい授業」でも人気の順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座の白澤卓二教授から、今回のアンチエイジング講座の趣旨説明などが行われました。
今回のテーマは「自然・食・温泉の遊学」。五頭の自然と触れ合いながら、地場産にこだわり、カロリーや栄養バランスを考慮した食事を楽しみ、長生館のラジウム温泉で免疫機能・新陳代謝を高めて、楽しみながらアンチエイジングを体感していただくのが目的です。

15:00〜15:30 免疫機能調査

採血の様子

入校式の後は、希望者を募り、免疫機能を調べるための採血が行われました。

また、講座の期間中は歩数計のような形状をした「ライフコーダー」を使用して、体の変化を記録します。最終日に改めて採血をして、どのくらいのアンチエイジング効果・若返り効果があったかを、データとして収集します。

16:00〜17:30 中尾和子のアンチエイジングワークショップ

中尾和子先生

1日目最初のプログラムは中尾和子のアンチエイジングワークショップ「10才若返るボールエクササイズ」〜あなたの姿勢と立ち居振る舞いが変わる!〜でした!!

加齢を制御する重要な要素の一つに「運動」が有ります。
椅子に座ったオフィスワークが多くなった現代人の生活で最も必要とされていることは、「日常生活」の中で、エネルギーを消費することです。日常生活の活動量を上げることにより、糖尿病やメタボリックシンドロームの患者様の多くが、経口糖尿病薬の量が減ったり降圧剤を服用しなくても血圧が正常になっています。

今回の講習では中尾先生がボディービルダーの長い経験により生みだした『治療』と『運動』を融合させたJSAスモールGボールエクササイズを皆様に学んで頂きました。

18:00〜19:00 白澤先生講演「ずっと若々しく生きるためにパート2」

白澤先生

アンチエイジングin新潟学校の2つ目のプログラムは、白澤卓二教授「ずっと若々しく生きるためにパート2」でした♪
先生の講演を一部ですが簡単にまとめました。
アンチエイジングの参考になさってくださいね。

19:00 夕食「地ビールと地域の有機野菜を食する」

食事風景

いよいよお待ちかねのお食事です!
今回のお食事は全て白澤卓二先生監修の特別なアンチエイジングレシピです♪
当館の調理長もアイディアを出し、地産地消にこだわった自慢の献立をお楽しみ頂きました。

20:00 茂木さやか氏、大塚相氏による、「アンチエイジングフルート&ピアノコンサート」

コンサートの様子

アンチエイジングin新潟学校 1日目の最終プログラムは茂木さやか(フルート)、大塚相(ピアノ)による「アンチエイジングコンサート」で御座いました。

アンチエイジングにとって、ストレスは体内に活性酸素を発生させ老化を促進させる為、良くないものと考えられております。

自由時間

自由時間


第一日目の全プログラムが終了致しました。
ロビーでご歓談される方、お風呂へ入りに行く方、お部屋へ戻る方など、翌朝までご自由にお過ごし頂きました。